まだ攻めていないジャンルがありました。
それは回春系です。聞いたことありますか?マッサージとかそういうジャンルです。
一応お客さんは女の子に触っていけないルールみたいなんですが、追加料金を払うとお触りできるみたいなのです。
当時は仕事で相当疲れていたので、これはいい機会だと思い、マッサージ系のデリヘル(デリヘルっていうのかな?)を呼んでみることにしました。
福島デリヘルには結構回春エステ系のデリヘルはありますが、これまでは呼ばず嫌いでした。

色々吟味していくと、いい感じのお店がありました。福島では珍しい本格マッサージ系のお店です。
プロのマッサージ師から鍛えられたそのマッサージ技術は、プロをも凌ぐという触れ込みのようです。
ほんまかいな?ということで物は試しでこのお店に決めました。あとは女の子選びですが、触られないという事もあってか、かなり可愛い人しか在籍していないように感じます。
一番好みの子が空いていましたので、その子を呼ぶことにしました。

ホテルで待っていると、本当に疲れていたので、少しうとうととなて来たところにノックする音。来ましたね!
ハッとして起きると、めっちゃ綺麗な女性が入って来ました。
やばい!めちゃくそべっぴんさんです。
お触りNGですが、もしかしたら途中で追加料金払って触ってしまうかもしれない程の美女です。

ますはされるがままに上半身裸でうつ伏せでベッドに寝ました。
香りの良いオイルを塗られ、彼女の温かい手がこった背中を揉みほぐしてくれます。
性的なきもち良さもいですが、たまにはこう言った疲れを癒す気持ち良さもいいものですね。本気で寝そうになってしまいました。
首から胸元にかけてのの「デコルテ」という所を重点的にやってもらったのですが、今まで経験したことのないような爽快感でしたね。
施術の後は若返ったような気すらしました。

今度は仰向けになり、太ももからふくらはぎにかけてのマッサージです。
仰向けになり気づいたのですが、ざっくりと開いた衣装で今にも彼女の胸がポロリと落ちて来そうな感じでした。
ここで私はスイッチが入ってしまい、施術されながらいけない妄想をふつふつと募らせていくのでした。
そうしているうちに、彼女の手は、私のあそこを弄り始めました。
さすがプロだけに男性の性感帯を知り尽くしている様子でした。
触られる前からフル勃起状態の私のあそこは、さらに硬直し、赤く熱した鉄の塊のような状態にまで成長するのでした。
ほどなくして辛抱堪らなくなった私は、追加料金を支払い、キスをしておっぱいをなめ回しました。
追加料金は高めの設定でしたが、致し方ありません。
そうしているうちに、オイルがついた手で手コキに入りました。
極限まで膨張した私のあそこは、いつ噴火してもおかしくない危険な状態となり、気を抜いた瞬間に白いものが天高く舞いました。

 

福島のデリヘルにもこんな芸能人のような人がいるのだな〜と感心しました。